株やFXなど投資系2chまとめ

年収が400→600→800→1000と増えていった俺だが、ようやく悟った

31

ドナルド・トランプ大統領「これから超円高に誘導する、震えて眠れ」

81

トヨタ「ウチの期間工は社保完備、自宅通勤可、月収28万円やで」 ワイ「ほ~ん、ええやん」

17

【画像】車は給油ランプ点いてから、どのぐらい走れるのか?検証してみた結果→

16

【悲報】「タワーマンションは雨漏りしやすい」←今頃になって囁かれ始めた欠陥

14

【日刊ゲンダイ】ついに国債バブル崩壊が始まった!

1コメント
1.
ソースは
http://gendai.net/articles/view/syakai/142483

株式市場は相変わらずイケイケだが、その裏で恐ろしいことになっているのが国債市場だ。
黒田バズーカの異次元緩和で価格が上昇する見込みは大外れ。21日も下落し、新発10年債の利回りは0.88%まで上がった。
国債暴落懸念がよぎるが、慶大教授の小幡績氏は近著「ハイブリッドバブル」でこう書いている。
〈「日銀おひとりさまバブル。日本銀行だけが(国債を)買いつづけるバブル。日本国債バブルの最終局面が始まった〉〈いよいよバブルは崩壊する〉。小幡氏に緊急インタビュー。

小幡氏は黒田日銀総裁が異次元緩和を決めた4月4日、「頭の中が真っ白になった」という。
「あり得ない量の異次元緩和だったからです。
私はこの日、日本国債のバブル崩壊は決定したと思っています。
実をいうと、これまでも日本国債は奇妙なバブルだったのです。あれだけの国債を発行し、当然、財政破綻リスクがあるのに、高値安定している。これは財政破綻リスクを見ようとしない機関投資家と、そうした懸念を考慮しつつ、利益を上げようとする2種類の投資家によって、引き起こされた特殊なバブルで、私はそれをハイブリッドバブルと名づけた。
そこに日銀買い入れバブルが融合し、国債市場は典型的なバブルに変質したのです。
この日、私はたまたまリフレ派の学者と議論していた。世間はいまだにアベノミクスの良し悪しを論じていますが、洪水が押し寄せてくるのに、雨を降らせるにはどうしたらいいのかを議論しているようなものです」

こういう小幡氏は、このバブルは必ず、崩壊し国債暴落につながると断言する。
「日銀がもくろみ通り、2%の物価目標を達成すれば、インフレになっているわけですから、今度は金融を引き締めなくてはならない。つまり、今度は国債を売る側に回る。
その瞬間、国債価格は暴落します。日銀が買ってくれるので、成り立っていたバブルなんですから。
一方、2%に届かなければ、日銀はさらなる緩和メニューを出さざるを得なくなる。
景気が回復しなければ、財政出動も必要になってくる。そうなると、日銀の大量国債買い入れは財政ファイナンスであると見られてしまう。このシナリオでも国債暴落につながりますが、その場合、円の信用も揺らぎ、債券安、通貨安になる」

つまり、どっちに転んでも国債暴落は避けられないのだが、だから、メガバンクは逃げるようにして、手持ちの国債を売っている。それが価格の下落に拍車をかけている。
小幡氏によると、こうした価格の乱高下こそ、典型的なバブル崩壊の前兆だという。
「株式市場もバブルが崩壊するかどうかはともかく、この相場は完全にバブルであるのは確かです。
企業の業績は明るくなっていますが、期待が大きい分、バブルが膨らんでいるのです。
ファンダメンタルズを見れば、日経平均は1万4000円くらいが妥当と見られているし、新興市場は乱高下している。株、円、債券のトリプル安に見舞われれば、日本経済はとんでもないことになる。この警告が無駄になるような奇跡が起きて欲しいものです」

今後が恐ろしくなってくる。
3.

ちょっと何言ってるかわかんないですね

893.

>>3バブル終了
長期金利上昇
返済の見込みなし
→日本終了

7.

金融緩和で不況から脱出って手法、出口戦略で毎度のように失敗して無茶苦茶になるのに、
何故か色んな国が懲りずに挑んでは、凄まじいコケ方をする不思議。

983.

>>7それしかないからだろ。
円高にして未来あんのか?

13.

利回り0.88%って高いの?

20.

>>13ttp://www.kokusai-am.co.jp/fncj004/mktInfoDetail.do?type=2
日本10年国債利回り 0.955
米国10年国債利回り 2.047
英国10年国債利回り 1.910
ドイツ10年国債利回り 1.389
フランス10年国債利回り 1.920
イタリア10年国債利回り 3.932
カナダ10年国債利回り 1.978 +

ギリシャが終了しそうになったときは30.000くらいだった
今謎の格上げで9.000位まで持ち直してるけど

175.

>>13高くないけど日本は借金の額が大問題

18.

円安景気で財政が再建されるから問題ない。
日本は消費税の増税余地が15ポイントある。
これで世界は日本国債を信用している。
消費税は上げるより下げるべきだ。

31.

国債暴落してもインフレで株と不動産が上がるだろ
特に海外資産を保有している個人や企業は笑いが止まらなくなる

32.

念のために言っておくが
この慶応バカ教授の愚論は、まったく無視して構わない
日本の国債は内債だ
その内訳は、殆どが公的資金と国内の金融機関だ
政府日銀がサジを投げ出さない限り、暴落など有り得ないのだ
国内の銀行は、何処までも政府日銀を信用する以外に選択肢などない
過去のバブル崩壊で巻き起こった不良債権による国内金融機関の連鎖倒産を食い止めたのは、政府日銀なのだ
その政府日銀より信用できるモノがあると言うならば、挙げてみろよって話しに尽きるのだ
信用する以外に道などない
公的機関の分についても言うまでもない

40.

>>32この理屈が分からない。
国が破綻するにしてもその前後で普通に金融機関は存続するだろ。
自分たちが生き延びる為に危ないとなれば危険資産の日本国債を全部売って、安全資産に替えるのは当たり前なんじゃないのか?

64.

>>40投資以外に縁すらない外資系金融機関ならば、その姿が当然だわな
しかし、過去に政府日銀と国民に泣きついた義理がある国内の金融機関はまったく別の話しだ
国を棄ててトンヅラなど国民が許すと思うか?
金融機関が苦境の時には、苦渋の思いで支えたのが国民であり血税だぞ
政府日銀のバックには、常に国民がいる事を忘れちゃいかん
信頼関係なくして、将来など成り立たないのが金融機関

35.

国債が下がって利率が上がれば、財政赤字が更に加速する。
原発事故による貿易赤字と絡んで、更に円安が加速し、それが財政赤字を加速、
デフレ・スパイラルに入る -- のが最悪のケース。

39.

「インフレーションとは歴史上、最も重たい税金です。」

ウォーレン・バフェット

44.

銀行が買って持っている国債を 放出させ
それを日銀が買って 銀行にカネを渡す。
銀行は これまでのように再び国債を買わないで
株を買ったり、不動産や企業の活動に融資する。

銀行が国際を買わなければ 新規発行の国債が売れないが
景気がよくなれば税収が上がるし、
景気刺激のための財政支出も減らせる。

円高デフレからの逆転回だよ。

58.

国債より前に、日経平均株価が崩れ始めてるけどw

60.

>銀行は これまでのように再び国債を買わないで

株か外債を買う。不動産や企業の活動には融資してない。
株は一時期高騰するが、バブルなので弾ける。
日銀が大量に買ってる国債は流通量が少ないので暴落し、
銀行の負債は増える、税収は増えない、国債発行で国の財政赤字は膨張する。
輸出企業の円安メリットは一時的なもの、既に海外生産分も多いので業績は頭打ち。
経常収支の赤字は更に膨らむ。

65.

長期金利が上昇するのは当たり前
問題はどこラインで拮抗するかだけ
財政破たんの可能性もないわけじゃない

67.

>長期金利が上昇するのは当たり前

普通はそうなんだが、黒田総裁の理論では金利が上がらないと言ってたぞ。

87.

ゲンダイのGW明け後日経大暴落予測記事を信じて、13700あたりで売ってた連中が、
救われる日が来るといいねw

110.

中卒なんですが、ゲンダイなら務まりそうなんで採用してしてくれませんか?

コメント-1-

1. 名無しの円速

国債とか買うやつは情弱だろ

コメントする