株やFXなど投資系2chまとめ

地方小企業社員「ボーナスが80万も振り込まれてたんだが、何かの手違いかな…?」

10

【徴用工】遥洋子「日本の対応に集団ヒステリーを感じる!感情的になってる!」デヴィ夫人「感情的になってるのは韓国」

17

【朗報】Paypayの転売屋さん達、ポイントが貰えないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

12

【画像】東芝のラジカセ(18,000円)が売れまくり!その背景がこちら→

5

パナソニック「退社した人さぁ…戻ってこないかな…?」← wwwwwwwwwwww

13

メルセデスが「マイバッハSクラス」を発売キタ─ヽ('∀')ノ─!!

3コメント
メルセデス・ベンツ日本は2015年2月25日、新ブランド「メルセデス・マイバッハ」の第1弾となる最上級セダン「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表し、同日全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて受注を開始した。 昨秋のロサンゼルスオートショーに出展されたメルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン、「メルセデス・マイバッハSクラス」が正式発表された。

マイバッハといえば、2002年から12年までの10年間、ダイムラーの最高級ブランドとして存在していたことは、まだ記憶に新しい。そもそもマイバッハとは、ダイムラー創世期にゴットリープ・ダイムラーと共に開発を行っていた技師の姓。
そのマイバッハはダイムラーを辞した後に自らの名を冠した会社を興し、1920~30年代にはメルセデスと肩を並べる高級車を製造していた。60年代にダイムラー・ベンツの傘下に入り、先に述べたように今世紀に入ってから最高級ブランドとして復活したが、ダイムラーのもくろみどおりとはいかず2012年にブランドを廃止。
そして今回はメルセデスのサブブランドとして、その名がまたもや復活したのである。

■「S600」と「S550」の2本立て

「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えたメルセデス・ベンツの新たなブランドと定められた「メルセデス・マイバッハ」の第1弾としてリリースされた「メルセデス・マイバッハSクラス」。
「五感で感じる極上の快適性」と「未来の自動運転につながる最新の安全運転支援システム」、そして「量産車として世界最高の静粛性」を備えたショーファーカーとうたわれている。

専用ボディーを持っていた先の「マイバッハ57/62」に対して、「メルセデス・マイバッハSクラス」はその名のとおり現行「Sクラス」がベース。とはいえホイールベースは「Sクラス ロング」よりさらに20cm延長された。またリアドアの三角窓をCピラーに移し、いわゆる6ライトウィンドウとしたことで、マイバッハ57/62のスタイリングイメージを継承している。

ホイールベース延長の恩恵を受け、いっそう居住空間が広まった後席は、空力向上による風切り音の低減、適切な遮音材の選択、特殊なシーリング技術などによって、量産車として世界最高の静粛性を実現。
ホットストーン式マッサージ機能をはじめアメニティー装備が満載され、現時点でメルセデスが考えうる限りの快適性を備えた空間となっている。

車載のステレオカメラで前方の路面状況を立体的に解析し、そこを通過する前にサスペンションの減衰力を調整する「マジックボディコントロール」や、同じくステレオカメラとミリ波レーダーから得られたデータによってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする「レーダーセーフティパッケージ」といった、メルセデスが誇る最新の安全運転支援システムは、もちろんフルに備わる。

ラインナップは最高出力530ps、最大トルク 84.6kgmを発生する6リッターV12ツインターボエンジンと7ATを組み合わせた「メルセデス・マイバッハS600」と、最高出力455ps、最大トルク71.3kgmを発生する4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンと9ATを積む「メルセデス・マイバッハS550」の2種類。
価格は「メルセデス・マイバッハS600」が2600万円、「メルセデス・マイバッハS550」が2200万円で、双方ともステアリング位置は左のみである。












http://www.webcg.net/articles/-/32148

47.

このクラスは値落ちが激しいからなぁ。
新車を卸す人はお金持ちですね。

3.

レジャー用に一台買ってみるかな

101.

でも一番乗り心地良いのはクラウンなんだよな
コスパ考えたらクラウン一択だろ

19.

なんだ俺の年収か

5.

よく分からん
買う奴は、後ろに乗る訳だろ?

これで首都高の渋滞にはまったり、
世田谷の一方通行を走り回るのか?

8.

>>5そこは雇われ運転手の腕の見せ所でしょ。
裏道の狭い道をギリギリ縫って渋滞回避し、
でもグラスに注がれたワインはこぼさず、
涼しい顔して後席の扉を開けて時間通りに到着。

22.

オーラが感じられないなぁ。
なんか500万台の車と見た目変わらない感じ

108.

マイバッハがベンツになったら、もうマイバッハじゃねえし

23.

もともとエキゾチックな超高級車を得意としていたメーカーじゃなく、
単なる量産メーカーだから、背伸びをやめて、本来の立ち位置に戻っただけ
ドイツにはとっくの昔に王侯はいなくなり、自称貴族がいるだけだから
このぐらいが上限だったのだ
背伸びしても長続きしないのはトヨタにも同じことがいえるが
あちらは前人未踏のハイテクで生きていくことにしたらしいから、すでに同じ土俵じゃない

56.

アルヴェル使ってる素材が安っぽすぎる
値段なりなのでしょうがないけど

30.

通勤用とスペアで2台買っておくか

40.

現行Sとに違いがほとんどないw
誰が見ても「え、ベンツじゃん」
せめてマイバッハ専用エンブレムでも復活させろよ

138.

どう考えてもアルファードの方がリラックスできる
セダン終わりすぎ

55.

Sクラスと一緒なんだな。もうちょっとだけ車体を演出しても良かったんじゃない?

65.

これがあれば東京大阪間を二時間半で行けるんだろ?

77.

前のマイバッハはロールスロイスのライバルとして打ち出してたけど、マイバッハはロールスと違って
中途半端に古いと単なる『高かった古いベンツ』だもんな。
30年とか経てば見方も変わるだろうが、それはこの車に限らず大体の車に骨董的な見方がついてくるものだし。

そりゃロールスロイスだって古くなるし値下がりはするけど、不思議とロールスはどの世代でも
よっぽど汚くしてなければ格好が付く。

72.

もっと高いかと思ったら意外に安い、新型ワークス20台分で買えるのか

4.

Sクラスと一緒になっちゃったか…。

26.

お安くなったのね

88.

いくら金持ちでも2000万の車を自家用車として持ってたら笑われるだろ・・・

18.

2200万円もだすのに、こんな草餅みたいな色はないだろ

93.

あれ?メルセデスだっけ?
昔って5000万からとかでなかった?
買収でもされたの?

95.

>>935000万円代だと殆ど売れないので、ベンツSクラスをちょっと改造して、2000万代で売るように方針転換。

116.

取引先の社長がマイバッハ持ってて
乗せてもらったことあるけどホント凄かった
シートの革もフロントの木目パネルも違った

120.

運転手が必要な車は実用性がないから売れないんだな。

コメント-3-

1. 名無しの円速

さすがにアルファードの3倍の価値はないよなぁ
ショーファードリブンならロールスロイスのがスペシャル感ある

2. 名無しの円速

ベンツのエンブレム付いたのならそれはマイバッハではない
マイバッハと遭遇すると興奮するがベンツレーベルのマイバッハを見ても普通に高級車、スポーツカーと遭遇したレベルにしかならない

3. 名無しの円速

私のバッハか

コメントする