株やFXなど投資系2chまとめ

彼女「通帳に貯金50万!?別れましょう!」 ぼく(財形貯蓄2500万)「」

162

【悲報】パチンコ業界、来年2月で本当の最終章に突入

15

【裏山注意】とある会社が「1日5時間勤務制」(残業なし)にした結果→wwwwwwwwwwwwww

26

【家賃平均39.5万】サンフランシスコ、実は家賃相場が高すぎて実家暮らしばかりだったwwwwwww

50

電通「平社員のハンコは下の方に、斜めにお辞儀させるのが常識!」

57

15年ぶり高値の株価に漂う「バブルのにおい」⇒「株・債券同時高」が常態化、2016年から高まる「崩壊」のリスク

6コメント
ソース(日経ビジネス、「上野泰也のエコノミック・ソナー」)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150227/278048/
「グローバルな金余り」を足場にした海外投資家などの買いと、公的年金・日銀が下値で買いに動く「官製相場」が組み合わさっている中で、日本の主要株価指数が堅調に推移している。日経平均株価の2月26日終値は1万8785.79円で、「IT(情報技術)バブル」が盛り上がっていた2000年4月20日以来の水準。TOPIXは1500を突破した。

一方、1月22日実施の20年債入札の低調な結果などを材料に急速に不安定化して、大幅に下落していた債券相場は、2月17日実施の20年債入札が順調に終了したことから安定を取り戻しつつあり、市場参加者の心理は好転している。

一時0.450%まで上昇していた10年債利回りは0.3%台前半まで下がった。もっとも、市場としての健全な価格形成機能が失われており、「日銀主導の需給相場」と化していること自体には変わりがない。

株式相場と債券相場の「位置関係」を把握するために筆者が以前からウォッチしており、このコラムでも一度取り上げたのが、日経平均株価の大台(月末終値・万円単位、小数点第2位以下は切り捨て)から、その月に発行された10年債の表面利率を差し引いた数値である(2014年12月16日配信「崩壊した株価と長期金利『1万倍の法則』」)。

1997年2月から2013年2月までの約16年間、上記の数値はゼロ近辺、より正確に言えば▲0.8~+0.5という比較的狭いレンジ内で推移していた。日経平均株価と10年債利回りの「位置関係」は長い間安定推移し、「1万倍の法則」とでも名付けることができそうな状況だった。
すなわち、10年債利回りを1万倍すれば日経平均株価の水準にかなり近かったわけである。

■「株・債券同時高」が常態化

しかし、総裁・副総裁が交代して日銀の「レジームチェンジ」が行われた2013年3月に、上記の数値は+0.6に上昇し、レンジを上抜け。
日銀が「量的・質的金融緩和」を導入した4月にはプラス幅をさらに拡大して+0.7になった。

その後もこの数値は上昇基調。2014年9月と10月は+1.1だったが、10月末に日銀が追加緩和に動いたことが反映された11月からプラス幅は拡大基調で、2015年1月は+1.4。本稿執筆時点では2月はまだ終わっていないが、26日時点で計算すると、日経平均株価が1万8000円台、10年債表面利率が0.3%なので、+1.5になる<図>。

■図:日経平均株価の大台
(月末終値・万円単位、小数点第2位以下は切り捨て)から、その月発行の10年物長期国債の表面利率を差し引いた数字


注: 15年2月の日経平均株価は26日終値を使用 (出所)財務省、日本経済新聞資料から筆者作成

市場がファンダメンタルズを中心材料にしながら正常に動いている場合、「株・債券同時高」は長続きしない(たとえば、景気指標が予想より強いと株式が買われ、債券は売られる)。だが現実には、上記の数値のプラス幅は拡大基調で推移しており、「株・債券同時高」が長期化ないし常態化している。東京市場が正常な状態でないことは、一目瞭然だろう。

理屈は後からついてくるとばかりに、「手元にお金があり、値上がりしそうだから買う」「買う人が多そうなので、流れに乗り遅れないように買いを入れる」内外の市場参加者が日経平均株価の今世紀最高値更新の主役だとするならば、要するにそれはバブルだ。

また、15年ほど前の水準に日経平均株価は追いついたわけだが、当時はバブルのさなかだったわけであり、今回は株価上昇が経済の実力見合いだと判断する根拠も見当たらない。米国でも「ITバブル」時代の主役だったナスダック総合株価指数が当時の高値に近づいており、ベテランの市場参加者は何とも言えない居心地の悪さを感じている。

そうしたバブル的色彩を帯びた相場状況を、マスコミが一般の人に理屈でなんとか説明しようとすると、しばしば無理が生じる。また、株価の今後に強気な一部の市場関係者のコメント内容にも、理由付けとしてかなり苦しいものが見受けられる。以下、いくつか事例を挙げておきたい。

>>2以降に続く)

2.
>>1の続き)
■無理筋だらけの相場解説
◆足元では国際原油市況が下げ止まり、日本国内ではガソリン小売価格が上昇に転じた。にもかかわらず、なぜこのタイミングで「原油安メリット」が株価上昇の理由になるのか。

◆一方で、米国市場でよく見られていた「原油安→株安」パターンがなくなったから株価が上がりやすくなった、と説明している市場関係者もいる。原油が下がるのと上がるのと、株価にとっていったいどちらがよいのか、一般の人にはさっぱり分からないだろう。

◆春闘で自動車・電機大手が昨年を上回るベアを容認する見通しになったことが個人消費の回復期待を強めたという説明も、株高の理由としてなされている。だが、円安で業績が良好なこれら業種でのベア容認は、かなり前から何回も報道されていた話である。

◆昨年10月~12月期の実質GDP(国内総生産)が3四半期ぶりに前期比プラスになったことも、マスコミ報道では今回の株高と関連付けられている。だが、前期比+0.6%にとどまり市場予想比下振れだったのが今回のGDP統計で、しかも消費の回復力の弱さが印象的な内容だった。

◆2014年のGDPでは名目成長率の伸びを実質成長率の伸びが上回る「名実逆転」が解消された。しかし、これは消費税率引き上げに伴うテクニカルな物価上昇や、円安・原発停止を背景とする「悪い物価上昇」が主因で、日本経済の実力を示すものではない。ちなみに、「名実逆転」が前回解消された1997年も、消費税率が引き上げられた年だった。

◆輸出は確かに、足元で数量が伸びている。2月19日に公表された1月の貿易統計でもこの点は確認された。しかし、この1月分については、中国などの春節(旧正月)の関係で実勢よりも輸出の伸びが高めに出ているため、割り引いて考える必要がある。

◆ドル/円相場を見ると、円安ドル高の流れには歯止めがかかっており、円高方向にやや揺り戻している。したがって、円安を今回の株高の原因にすることにも無理がある。

◆企業の収益見通しがここにきて急に上方修正されたわけでもない。上場企業(金融や電力、新興企業など除く)の2014年4月~12月期決算は、日本経済新聞集計(2月16日時点)で経常利益が前年同期比+7.0%となったが、2015年3月期の通期予想は前年度比+2.6%にとどまっている。また、米国でも企業収益は伸び悩みとなっている。

日米欧の中央銀行が金融緩和を維持ないし強化しており、水道の蛇口から「バスタブ」の中に水が入り続けていることを考えると、「グローバルな金余り」相場は、まだ続くだろう。ECB(欧州中央銀行)は3月から量的緩和を開始する。景気下振れ懸念が強まりつつある中国では、利下げや預金準備率引き下げが今後も行われると見込まれる。

■バブルが崩壊するリスクは着実に増す

また、米国は年末近くに利上げを開始すると筆者はみているが、金融政策の「出口」(金融政策の正常化)戦略では利上げが先行し、FRB(米連邦準備理事会)のバランスシート規模は再投資政策によってしばらく維持される見込みである。「バスタブの栓を抜く」ことに相当する正常化のステップは、年内はとられない可能性が高い。 だが、2016年から話はだいぶ変わってくる。内外の市場参加者は、「蛇口が閉まる」こと(具体的には、たとえば原油価格反発・消費者物価上昇を背景にECBの量的緩和が2016年9月で打ち切りになるケース)、さらには「バスタブの栓が抜かれる」ことを、時間の経過とともに警戒せざるを得ないのではないか。

いつ、何がきっかけになるかは誰にも事前には分からないが、バブルが崩壊するリスクが着実に増すだろうと、筆者はかなり警戒的にみている。

(終わり)
6.

バブルの匂いなんかしねーよ。

154.

株価が上がればバブルバブルってあほかよこいつ

235.

今年年末までは上がるだろ
今は有り金全部使って買う時
11月くらいに今以上にテレビが上げ上げしだしたら売ればいい
来年は空売りで

7.

年金を株で運用しなければならなくなったので、
退職しても必至に社会情勢を勉強しておかないと、
次の市場がインドかアフリカかで運用方針が大きく変わってしまう

人に任せっきりの投資信託だけだと10年後には資産流出だな

16.

米国の好調さに目が眩んで「日本も出口目指します」
なんて言ってしまった日には直ぐに経済が
クラッシュしてしまうさ
それが理解されていなくて、また民主党みたいな政権が
生まれてしまったとしても、それは長くは続かない
むしろ稼ぎどき到来
一時的に円を全力買いして底値で売り抜けるチャンスと見るべき

87.

来年はやばいやばい言うてるのか
昔から当たらなかったらそのまんま
当たったらどうだとはしゃぐこのタイプの山師記事ばっかりだね

33.

正直不況だろうがなんだろうがどうでもいい。

乱高下してくれんと儲けにくいんだよね。上がるにしろ下がるにしろ大きくいけ

59.

政府による株価操作が続きます

60.

ワイの買った株はボロボロ…

70.

そりゃあ刷った円で株を買っているから上がるに決まってんだろ。

政府がバブルを演じる事で庶民に消費を促すやり方。

駆け込み需要も同じ。
消費税を上げるつもりはなかったが、上げないと消費が盛んにならないから。

19.

実質経済成長率が2%になるまで
金融緩和を続けると言ってるじゃないか
何を聞いてるんだか....

77.

20年前のバブルは国民全員が満腹状態で突入したけど、現在は満腹と空腹の二極化しているので、後者は死ぬか暴発するな

82.

バブルって言うより、安倍が外資に年金の買いのタイミングをばらして
儲けさせてるだけだろ?w
それに釣られて個人も入って来るからそれも身包み剥がして儲ける
バブルって言うより官製相場だわなw

小泉の時にも似た様な事してたと思うぞw
安倍はそれを真似てるだけだわ
日本国に損害被せて自分等で儲かる方法を
安倍とその友達がしてるだけだよ

85.

官製相場だとわかってるんだから、素直に乗るよな。
こんなニュース書いてるけど、いま相場に参加してる奴らはみんな買い目線。

ヘタレて利確すると次の日おいてかれるからな。

86.

例えば為替の場合、名目レートではなく実効実質レートを見なきゃダメなんでしょ?
実勢を考えるためには

株価だと何を見れば良いの?

12.

そもそも10年債が0.3%とか0.45%という超低金利なのが異常なんだが・・・
0.3%が0.45%になって「崩壊のリスク!」とか騒ぐ奴って一体
景気良くなって民間の資金需要も増えて国債が徐々に安くなるのはむしろ健全じゃないか

120.

第二次安倍政権発足当時の株価上昇に似てるねw
税金上げるための国策

5.

金融相場だしいつか崩壊する。
資本主義は本当に終わったのかもしれない。
金でも買うかな。

126.

バブルと言ってるわりに消費が全然伸びんな
だからテナントもこの半年で空きまくってる

233.

失業率が上昇したのは求職意欲者が増えたからであり、
就業者数は上昇してるので、実質的に失業者が増えた訳じゃないけどな

67.

バブル?それはあと10年後ぐらいだ。日経平均が3万超えてから心配しろ。

243.

消費が激減してんのに景気がいいらしい
何だそりゃ

63.

景気とは連動していない株価
投機筋の風説の流布で乱高下させて差益を頂くだけ
企業も上がったり下がったりで設備投資も出来ない

コメント-6-

1. 名無しの円速

なお円の価値と信頼は下がっている模様

2. 名無しの円速

取りあえず、どっちかに賭けんとつまらんだろ

3. 名無しの円速

いつもバブルバブル言ってるから、そりゃいつかは当たるだろうな。

4. 名無しの円速

いまの状態を持続的なバリュエーションの変化が起きているか、一時的なバブルとみるかでアナリストの真価が問われてると感じる。普段は当たらなくてもここだけは外したら価値ないと思うんだよな。

5. 中原信者につぐ

四月は統一地方選挙がある。上がるのは当然。

6. 名無しの円速

コメ5
分かんねぇぞ
阿部さんが景気が悪くても消費税10%にするって言っちゃったし、
不安要因がぼろぼろでてきてるから

コメントする