株やFXなど投資系2chまとめ

トヨタ社員の一生がヤバ過ぎると日本中で話題にwwwwwww

42

ゆとり社員「了解です」「承知しました」周囲「…(呆れ)」ワイ上司「キミねぇ…」

85

今どきのパチンコやばすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwww

14

【超絶悲報】ワイ留年が決定して、内定先に謝りに行く…ガチでワロエナイ

20

【画像】FXで貯金5700万円まで貯めたけど、人生余裕すぎワロタwwwwwww

19

米国株の本格下落がいよいよクル━━(゚∀゚)━━⁉

4コメント
http://toyokeizai.net/articles/-/78308?page=2

今回、つまり第2のワナの方が悪質かもしれない。筆者が前回予想したように、米国株の本格的な下落が始まりつつあるわけだが、NYダウはすでに5月19日(火)の高値から下落基調に入っているものの、これまでは特に急落と言えるような局面が少なかった。加えてナスダック総合指数が、全体相場に逆行し、7月20日(月)に史上最高値を更新した。このため、堅調そうな株価のうわべの動きに目を奪われて、専門家ですら誤った強気を唱え、ブルトラップにはまったようだ。このように2回目のワナは、投資家の危機感が高まらないまま、静かにじわじわと株価が滑り落ち、はっと気が付けば買い手は損失に追い込まれている、という危険な形になっている。

今週は世界の株価が一段と下落する流れの中にある
しかし当コラムの読者の方は、筆者が前回、「大揺れ船旅の次の寄港地は、ニューヨークではないか」「先週で株価調整は終わりだ、と確信するのは危険だ」と、米国発の株価調整およびそれにつれた国内株価の下落について警告を発していたので、日経平均が2万円超の水準では、買いを控えていただいている方も少なくないのではないかと思う。読者の方の投資の一助となったのであれば、これほどうれしいことはない。

何度も当コラムで述べているが、筆者が米国株価のさらなる下落を見込んでいるのは、決して米国経済が悪化するからではない。米国の主要銘柄で構成されるS&P500の直近PER(株価収益率)は17.8倍(先週ベース)と、近年のレンジである12~18倍(平均はほぼ15倍)を踏まえるとほぼ上限であり、高い。高PERが許されたのは、緩和気味の金融政策があったからで、今年内の実施が確実視される利上げが、米国の金融相場に終止符を打つ可能性がある。それは利上げになってから騒がれるというより、事前に織り込みに行くと予想され、足元の米国株価の地すべり現象は、その始まりだとしてもおかしくはない。

ここで重要なのは、これから本格的に来る米国株価の大幅下落は、高PERが適正な位置に修正されるためであって、米景気が下方に屈曲したわけではない、ということだ。筆者は日米ともに、(9月利上げの可能性を織り込む)8月にかけて株価が15%程度下落すると予想している。だが、そうした株価調整が済んでしまえば、日米等の経済状況には大きな悪材料がないだけに、その後の株価は再度底入れ上昇に転じると見込む。日本国内の景気についてもう少し詳しくみると、特に変調は見当たらない。ただ、内需、特に国内の個人消費が、ベースアップやボーナス増、消費者心理の改善などに沿って、じわじわと回復している一方、円安にもかかわらず輸出数量が伸び悩んでいる。

外需より内需株、大型株より小型株が相対的に優位
このため株式の物色においては、引き続き外需企業よりも内需企業(小売、食品、サービス、日用品など)が優位となろう今週は4~6月期四半期決算の発表が佳境となるが、全般的には内需優位(外需劣位)が、企業収益面でも確認されると考える。ちなみに、ギリシャ問題は内外市場の材料として影を潜めたが、中国経済・株価の行方は予断を許さず、加えて米国株価の下落がさらに進むと見込んでいる。つまり、悪材料は海外からやってくることを意味するこうした環境下では、国内経済ではなく海外経済について不安が広がりやすく、その点でも輸出関連企業の株は買いにくいだろう。また海外株式市場の本格調整が進めば、グローバルに株式運用を行なう海外短期筋が、日本の投資環境が特に悪いわけではなくても、世界的な市場波乱を受けてリスクを避けるため、日本株の利食い売りを進める恐れがある。短期筋は主に大型株で運用するため、大型株の株価下落が懸念される。一方、こうしたマクロ的な市場波乱とは距離を置いて、独自に利益成長を遂げる小型企業については、海外長期筋が、企業実態に基づいて、丹念に拾い買いを進めている。このため、小型優位、大型劣位、という図式も継続するだろう。

このようにすべての日本株が一律に売り込まれるわけではなく、輸出株より内需株が、大型株より小型株が、相対的に値持ちがよいだろう。とは言っても、米国発の市場波乱が大きくなれば、日本株が無風で済むわけではなく、相場全般として下落は避けられないだろう。中期的な流れとしては、8月に日経平均の安値1万7000円台との見通しを、今のところ堅持する。今週(7月27日~31日)の日経平均の見通しとしては、そうした下落基調のなかにある週だと位置付け、1万9800~2万0500円のレンジを予想する。
4.

この人ずっと「下がる」と言ってる
いつかは当たるけど、そのときは暴落を言い当てたと騒ぐんだろうね
株の予想屋なんて気楽な商売だよ

39.

金利あげればリスクマネーは減る

9.

18,000~21,000円のレンジを予想する とでも言っておけば?w

37.

所詮は3流雑誌
売れるための煽り記事しか書けない

11.

IMFは日本に更なる金融緩和を要求してきている 同時に増税も求めてきている
つまり日本国民はアメリカ経済の人柱になれと言ってきている
そろそろアメリカと手を切るべきじゃないのか? AIIBに加盟して牽制するべき

30.

>>11日本向けの発言は、財務省からの出向者が言わしてるんだよ。
追加緩和するから、消費税再増税は問題無いって言ってる。

内需壊滅してるから、止めの一撃になりそうだけど。

15.

そらまあ、いよいよFRBが利上げ間近だから。
9年ぶりか。

34.

日本株は下がらんだろうなあ。腐敗政権が相場操縦を続けるだろうから。

18.

米国債たっぷりのプエルトリコもデフォルトしたしね

31.

EU会合がどうなったかしらんが合意したのかな?
でもギリシャが追加金融支援を要請して乞食やってるから
明日の相場も世界中波乱含みだろうな

20.

ドルが利上げしたら、1ドル130円ぐらいまであっさり行きそうだな。

さすがに海外旅行が、つらくなってくる。

28.

利上げしないんでしょ、延期だっけ。

23.

つーか8月って毎年底値来るだろ
もうさー良い加減夏休みってちゃんと言おうよ

32.

お盆に先祖のところに行く人続出か・・・

22.

リーマン・ショックの時点で個人消費が借金漬けでもはや立ち直れないと聞いていたが
投機資金の方も振るわなくなってるのか・・

米国はこのままだと破綻するんじゃないのかね?

25.

早稲田大学の校歌がイェール大学のパクリって本当なんですか?
本当なら恥ずかしいですね。
何故、そんな恥ずかしい大学を受験するの?

19.

下がるか上がるか その時にならないと分からない
それよりも明日は買うか見送るか それが問題だ

29.

アメリカって、まともな会社があるんか~!

みんな債権がらみの怪しげな会社ばかりだろ
博打打ちの国だろ

16.

でも、PERが適正値に戻ればまた跳ね上がるって書いてあるじゃん
日本経済でも15%落ちた後に跳ね上がると

33.

なるほど、8月に日経平均17000台か。

14.

下がるだけ中国よりまし

35.

長期でダウのチャートを見ると911テロがあろうがリーマンショックがあろうが
数年で戻して右肩上がりを続けてるけど
だとしたら主要銘柄のETFを買い続けてれば必勝だと思うんだけどなんでみんなそうしないの?

5.

中国に次いでアメリカも下がったら、その金は何処に流れるのよ?
また円買いが進んで更なる円安か?

38.

俺の予想では日経平均は7000~30000円の間で動くよ
でも経済がグローバル化している時代ではこれ以上上下に動く可能性も否定できない
絶対当たるから

コメント-4-

1. 名無しの円速

円買いが進むとどうやって円安に進むんですかね?

2. 名無しの円速

>29
「アメリカはモノづくりをやめて、金融で儲けてる。」
まだこんなデタラメ信じてるの?

3. 名無しの円速

>AIIBに加盟して牽制するべき
馬鹿すぎるから喋んな

4. 名無しの円速

※2
実際はどうなの?
アメリカの生産率は9%、日本とドイツは30%前後で世界トップって聞いたことあるけど

コメントする