株やFXなど投資系2chまとめ

【悲報】「売れれば」いいのか?西野カナが公開した作詞手法に批判の嵐wwwwwwwwwwww

26

地方小企業社員「ボーナスが80万も振り込まれてたんだが、何かの手違いかな…?」

10

【不動産】老朽団地、建て替えに成功した「奇跡」がこちらです→

9

【速報】ワイ社畜、冬のボーナス150万確定wwwwwwwwwwwwwwwwww

9

ルノー「ゴーンと同等の権限を持つ後継者を受け入れろ」日産「嫌です」

13

スズキの敗北、4千億円の「損」と致命的「空白」・・・

13コメント
http://biz-journal.jp/2015/09/post_11372.html
スズキが4年にわたって求めてきた独フォルクスワーゲン(VW)との資本・業務提携の解消が、ようやく実現する――。スズキは、筆頭株主のVWが保有する19.9%分の自社株をすべて買い戻すと発表した。英ロンドンの国際仲裁裁判所が両社に通知した内容は「包括提携の解除を認める」「VWが保有するスズキ株式の売却を命じる」「VWが主張していたスズキの技術関連の契約違反について一部認め、損害の有無や額について引き続き仲裁で審議する」の3つである。スズキは2009年にVWとの資本・業務提携を発表したが、VWがスズキを子会社と見なしたことや、スズキが期待するような技術がVWから供与されないことから溝が深まり、11年9月にスズキが提携解消を申し入れた。同年11月から国際仲裁裁判所での係争が続いていた。資本提携の解消、自社株の買い戻しが認められた点ではスズキの勝訴だが、名を捨てて実をとったのはVWのほうだ。8月28日の東京市場でのスズキ株の終値は1株4151円50銭。この株価を基準に算出すると、スズキの買い取り価格は約4600億円になる。株価次第では増加する可能性が高い。買い戻し額は5000億円規模との報道もある。VWは約2200億円でスズキ株を取得しているため、売却すれば買い値を上回る売却益を得ることになる。加えて、国際仲裁裁判所はスズキの契約違反を認定した。VWはスズキに対して「損害賠償を請求する権利を留保する」との声明を発表した。損害賠償額がどの程度になるのかはこれからの審議を待たなければならないが、VWはスズキから多額の賠償金を受け取る可能性もある。VWとスズキの資本提携の収支決算は、VW側の大幅な黒字である。

高い授業料
逆に、スズキにとっては大幅な赤字だ。スズキはVWがスズキ株式を取得した金額の2分の1を限度にVW株を取得した。現在、スズキは1.5%分のVW株を保有する。時価が約1000億円のVW株式を売却して、自社株買いの原資とする。買い戻しに備えて銀行から資金を借り入れるなど準備を重ねてきた。株式の持ち合い解消でスズキはVW株式を1000億円で売却し、5000億円規模で自社株を買い戻すわけだ。単純計算になるが、差し引き4000億円のマイナス。国際仲裁裁判所での係争期間は4年に及び、日進月歩で進んでいる世界の自動車メーカーの技術開発競争において長い空白ができた。スズキの授業料は実に高くついた。VWと提携解消発表後最初の営業日となる8月31日、東京市場でスズキ株は4291円50銭(140円高)の買い気配。17万株の買い物が集まり、4339円50銭(188円高)で寄り付いた。高値は4340.5円(189円高)だったが、同日の終値は前週末比マイナス(22円安)の4129.5円まで下落した。VWとの提携解消で経営のくびきが取れたという面から見れば確かにプラス材料だが、今後、世界第10位の自動車メーカー、スズキがどう生き残りを図るかについて投資家には懐疑的な様子がうかがえる。8月31日付け日本経済新聞は「物言う株主として知られ、8月初旬にスズキ株の保有を明らかにした米投資ファンド、サード・ポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)が、『フォルクスワーゲンから買い戻す株はすべて消却すべきだ』と述べた。消却で株数を減らし、資本効率を高めるよう求めたものだ」と報じている。スズキはVWから買い戻した株式を次の資本・業務提携の切り札に使う算段である可能性もあり、サード・ポイントの要求が通れば「次の一手」が狭められることになる。

2.
囁かれるGMとの関係
スズキの鈴木修会長は8月30日の記者会見で、「まだ次のことまで考える余裕はないが、自立して生きていくことを前提にしたい」と述べるにとどめた。世界の自動車メーカーや投資家の関心は、新たなパートナーはどこかということだ。イタリアのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が秋波を送っているが、VWとの関係悪化で懲りたスズキは、気心の知れない相手と組む気はないとされる。そこで浮上するのが、08年に資本提携を解消した米ゼネラルモーターズ(GM)との復縁だ。スズキはGMと喧嘩別れしたわけではない。GMはスズキの国際展開の原点でもある。1981年8月、GMとの資本提携を発表する会見で、修氏は報道陣から「スズキはGMに飲み込まれてしまうのではないか」としつこく聞かれた。この時の修氏の答えは次の通りだった。「GMさんとスズキの差は、鯨とメダカどころではありません。あえていうなら、鯨と蚊のようなものです。メダカなら、鯨に飲み込まれてしまうかもしれないが、小さな蚊なら、いざという時に空高く舞い上がり、飛んでいくことができます」(『俺は、中小企業のおやじ』<鈴木修/日本経済新聞出版社刊>より)。世界に君臨していた巨大な鯨・GMが瀕死の重症に陥った。スズキはGMが保有していた20%の株式を最終的にすべて買い取り、資本提携を解消した。GMが再建した今、元の鞘に納まるのが自然な流れだとの見方もある。GMは今年6月、フィアットから合併の打診を受けたが拒否している。6月9日に開いたGMの株主総会でメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)が「フィアットから届いたレターを経営陣と取締役会で検討し(拒否すると)決断した」と説明した。 GMはすでに年間世界販売台数1000万台の規模を誇っており、これ以上規模を拡大する合併は不要と判断したとされる。だが、スズキはインドで高いシェアを持っている。GMは過去にスズキと資本業務提携するに当たり、スズキの小型車や軽自動車を日本から持ち込み徹底的に解剖。スズキの小型車づくりのノウハウに強い関心を示したという歴史がある。スズキが新しいパートナーとしてどこを選ぶのか。修氏の最後の大勝負となる。

修氏の孤独な戦い
今年6月、修氏は社長職を長男の俊宏氏に譲った際、「VWとの提携解消にメドがついた時点で経営から退く」意向を示していた。だが、8月30日の会見では「まったく考えていない」と述べ、続投を宣言。次のパートナー選びを含め陣頭指揮をとる姿勢を強く滲ませた。この日の記者会見は修氏の独演会だった。俊宏氏も出席していたが、まったく存在感がなかった。株主総会からわずか4日後という異例の社長交代は苦渋に満ちた、究極の選択だった。5月の決算発表の席上では、「取締役の若返りが必要だが、私が辞めるわけにはいかない」として、「90歳まで続投する」と宣言した。株主総会に出席した多くの株主からも後継者問題に関する質問は出なかった。俊宏氏の社内での評判は、「まじめで温厚、お酒も飲まない。冗談も言わないくらいおとなしい。最近、少しは冗談を言うようになった」(スズキ関係者)というもので、修氏のように我を通して自己主張するタイプではない。「修氏はもともと俊宏氏を社長にする気はなかったのではないのか。社長交代の会見で記者に俊宏氏の評価を聞かれ、『経営はヤル気と責任感があれば、誰にでもできる』と答えている。修氏は経営の実権を手放すつもりはない。基本方針は修氏が決め、業務執行は新社長を中心に集団指導制で決めてもらう考えだろう。今は、次の社長を探すための期間と割り切っているのではないのか。新たな社長候補が見つかれば、俊宏氏を会長にして、完全に引退するでしょう」(外資系証券会社の自動車担当アナリスト)俊宏氏は就任の会見で「チーム・スズキで衆知を集めて経営していく」と語っている。「トヨタ自動車社長の豊田章男氏は豊田家の出身としてでなくてもトヨタに入社できる能力があったが、俊宏氏はどうなのだろうか。修氏の後継者と目されていた小野浩孝取締役専務役員(修氏の娘婿)が07年末に膵臓がんで急逝したが、もし小野氏が生きていれば、修氏の苦悩はこれほど深くなかったはずだ。VWとの『離婚』は、修氏の孤独な闘いの新たなスタート地点となる」(自動車メーカー首脳)(文=編集部)
4.

修ちゃんじゃなかったら会社ごと取られてるわ

109.

スズキはエンジン以外でも軽とはいえ車重700キロを切るような車を作れる唯一のメーカーだな

40.

貧乏人のためのスズキイズムが潰されなくてよかった
これからも大トヨタの嫌がる車作り頑張ってほしい

95.

ハスラーのターボでSエネチャージ出ないし、新しいスイフトも
なかなか出ないので別な車買っちゃったよ。

44.

日経平均の天井あたりで買い戻しはツラいな
せめてもう1年早ければね

91.

あんな爺さんが今でもトップだからな
そろそろなんとかした方がいいんでないの?

58.

スズキの完全勝利だが、それを認めると都合が悪い人がいる

84.

フィアットと組むのはそう悪いことではないと思うのだが、やはり元の鞘に収まりたいのかねえ。

71.

買い戻した後株価を上げればいいだけ

62.

技術を買える、安く教えてもらえると思っているからこうなるのだ

66.

自社の植民地化も防げたしインドの市場も防衛できたのに敗北のわけないだろw

59.

経営が馬鹿だと傷が大きい

それを理解して欧州は人事を決めるのに

日本にはまるで理解していない層が存在する

79.

日産グループに入った方が良いのでないの?
日産は軽自動車作っていないし。

53.

ワーゲンは一切、技術出さず、鈴木から一方的に技術を奪っていったらしいね
いつものマヌケな日本 ドイツの勝ちだ

88.

スズキってVWと何のために提携してたわけ?さっぱりわからん。
提携して何か出したわけでもないし。

41.

20%持たれても、そのまま無視できないのかね
何も、買い戻さなければ良いと思うが

63.

ドイツ人は、株が高いから、売却益を狙ってるんだろう。
日本人からすると、バカみたいだが、白人は目先の金を喜ぶ。
長い目でみないからな。
技術を渡すとウソをつくのは、白人は普通だろうが。
有色人は人間と認めてないから、ウソオーケーだ。
ローマ教会がアジア人を人間と認めたのは、つい最近のはず。

92.

技術の空白とかひどい言われようだが、
その間にエネチャージ、デュアルジェットエンジン、
ステレオカメラ自動ブレーキ、
allgrip AWDといずれも業界トップクラスの技術積み上げてるけどなー

39.

スズキのエネチャージの技術は
素晴らしいと思うんだけどね

103.

よその国と提携して楽しちゃだめ

6.

あほすぎる
2割くらい持たれても無視しとけばいいだけのことだろ

140.

どこが空白なんだ?
企業規模は小さいけど、技術的には日産なんかより上だろ
ダイハツすら引き離しつつある

65.

損をしたのは仕方ないから、これから儲けてほしい。
4,200円以上の売りを返済買いしたから、今後の業績は凄く伸びてほしいな。

コメント-13-

1. 名無しの円速

いくら軽自動車をいじくり回した所で世界市場では軽自動車なんて全く相手に
されてない以上、世界戦略車を持たなければ需要が細っていくだけの日本では
未来が無い。そんな事は百も承知でスズキも提携先を探したんだが、、、
近未来的には、トヨタの子会社になるのが一番手っ取り早いと思う。
トヨタは軽自動車は自社生産していない(いすずからOEM)から
双方のマイナス面を埋め合わせることができる。資本面でも
トヨタの子会社になれば安定する。おそらく、5年位内にそう
なると思う。

2. 名無しの円速

※1>トヨタは軽自動車は自社生産していない(いすずからOEM)
お前が無知なのはわかった

3. 名無しの円速

ダイハツ

4. 名無しの円速

※1
>世界市場では軽自動車なんて全く相手にされてない以上
スズキもふつうにエンジン換装してインド市場とかでうってるわww

5. 名無しの円速

※1
くたばれ情弱

6. 名無しの円速

※1は恥ずかし過ぎる。日本が憎いよ~。

7. 名無しの円速

スズキは営業所の自爆営業が他社に比べて多すぎる感じがするよ
売上水増ししてるからやばいのはやばいんじゃないかな
今回の件を差し引いても

8. 名無しの円速

それでもお人好し(アホ)な日本人はゴキブリワ〜ゲン♂を買いまくるんだよな

9. 名無しの円速

日本で売ってなかっただけでスズキは日産にOEM供給はしてたし(欧の日産ピクソ)、今は三菱とMNKVやってDAYZは作ってるし。>>79みたいなバカがなんで沸くかな

10. 名無しの円速

※8
ワーゲンはナビなどの電装関係をサムスンと提携して今後採用していくと発表
今後どうなるかもうわかるよな?

11. 名無しの円速

 ワーゲンはスズキから一方的に技術奪おうとして断られたから「契約違反や」と切れてただけなんだけどな。スズキは「あっそうなら解消しましょ」ってなっただけww

12. 名無しの円速

今見ると、この記事が滑稽に見えるな

13. スーパーコピー 時計 大阪

2018年新素材入荷!
2018年最高新時計大量入荷
特級.品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
100%品質保証 !満足保障100%!
経営方針:現物写真、品質を重視、納期も厳守、信用第1!
広大な客を歓迎してご光臨!

コメントする