株やFXなど投資系2chまとめ

ビートたけし「200億円稼いで、税金で180億持って行かれた」

74

タワーマンションの「高層階症候群」とかいう怖すぎる障害がコチラ→

43

厚労省「ヤバい…このままじゃ年金制度崩壊や…せやっ!」結果→

44

【画像】買おうとしてる46万円の時計が、皆からダサいダサい言われるんだがwwwwwww‏

51

【速報】婚活まんさん、妥協に妥協を重ねて年収400万の正社員なら許す意向を示す

24

ソーシャルゲームで破産者が激増・・・免責不許可になるケースも

5コメント
http://biz-journal.jp/2015/09/post_11441.html
インターネット上で、「ゲーム課金で多額の借金を負う人が増えすぎて、破産申請しても免責されなくなったようだ。ソーシャルゲームがギャンブルと同様の扱いになっている」といった情報が流れ、話題になっている。実はその原因は、昨年4月に大阪地方裁判所で破産申立の書式が改訂されたことにある。これまで破産申立をする際の「免責不許可事由に関する報告」において、「浪費等」の欄に「飲食・飲酒」「投資・投機及びネットワークビジネス・マルチ商法等」「商品購入」「ギャンブル」と並び、最後は単に「その他」となっていたが、「その他(ゲーム代その他の有料サイト利用代等)」と変わったのだ。大阪弁護士会の飯田幸子弁護士が、自身のTwitterでこの書式の変更に言及し、「ゲーム課金で破産する人がそんなに多いのか」と驚きを表したところ、冒頭のように話題となってしまったのだ。まず、「免責」とはどういうものなのだろうか。これは、大きな債務を負ってしまった破産申請者の経済的再生を実現するために設けられた制度で、破産手続終了後に残った債務の返済義務を免れる手続を指す。 まり、借金を“チャラ”にしてくれるものであり、個人が破産を申し立てる目的は、この免責を受けることにあるといっても過言ではない。ただし、財産を隠したり、浪費・賭博などによって財産を減少させるなど、破産法252条1項各号に定める「免責不許可事由」があると、免責を受けられない場合がある。モラルハザード(倫理欠如)が起きることを防ぐためだ。今回、書式が改訂されて「浪費等」の欄に「ゲーム代」が明記されたのは、破産の申立人の中でソーシャルゲームに相当な額をつぎ込んでいる人が増えてきたためだと思われる。実際、「ゲーム課金で100万円以上の債務を抱えた人から破産の相談を受けた」「破産の申立人が毎月5万円ほどゲームにつぎ込んでいることを裁判所に問題視されて反省文を提出した」といった話が弁護士の間でも出ているという。ゲーム代だけで破産に至ることは多くないと思われるが、ただでさえほかの債務を負っているところへ高額のゲーム代が追い打ちをかけて債務額が増大した、というケースはかなりの数に上りそうだ。

しかし、ネット上で広がっている情報には、誤解を招く面があると飯田弁護士は危惧する。「『浪費等』の免責不許可事由があっても、直ちに免責不許可になるわけではありません。その程度に応じて、『反省文と家計簿を提出する』『免責審尋を経る』『口頭審査で個別の訓戒を受ける』『免責観察型の管財手続に移行する』などの方法によって免責が受けられることが多いです。この点は誤解がないようにしていただきたいと思います」(飯田弁護士)実際、大阪地裁では昨年度、免責事件終局件数4973件のうち免責不許可は11件にとどまっている。破産の申立後もギャンブルを続けて破産管財人の調査を拒否し、債権者集会も欠席したといった悪質なケース以外は免責不許可に至ることはあまりない。今回の書式改訂も、あくまで債務の中にゲーム代が含まれることが増えてきたから、裁判所としても情報を把握するために対応しただけのようである。「したがって、ゲーム代で多額の債務を抱えている方も、『免責は受けられない』と絶望せず、一度弁護士に相談してみてください。無理なゲーム課金を断ち切って経済的に立ち直るつもりさえあれば、お力になれると思います」(同)飯田弁護士は、大阪弁護士会制作の裁判員裁判を忠実に再現したゲーム『ゲームで裁判員!スイートホーム炎上事件』の制作を統括した経験を持つ。ゲームに対する思い入れは人一倍強い。「私は趣味でゲームをつくっていますが、ゲームは本来、人を楽しませるためのものだと思っています。そのゲームで経済的に追い詰められ苦しむ人がいるとしたら、あまりに哀しいことです。料金を支払ってゲームする場合でも、ユーザーは自らきちんと上限を設けて、無理のない範囲で楽しむようにするべきです」(同)以前から、射幸心を煽るソーシャルゲームは問題視されている。多額の浪費を招き、破産の原因につながる事態が広がれば、ゲーム市場全体にも悪影響を及ぼしかねない。社会問題として本格化する前に、課金制限を定めるなどソーシャルゲームに対する適切なルールづくりも必要な時期にきているのではないだろうか。

2.

ギャンブルだからしょうがないな

117.

アーケードゲームやソーシャルゲームでも、
製作会社や運営会社が儲けが出る仕組みになっているから
その辺を理解しないといけないとだろうね。

4.

わかるわ
ffrkでちょっと課金したら一時止まらなくなった
今まで、パチンカスとか言ってバカにしてたけど・・・
こえーわ

5.

浪費等のなかに、「投資・投機」も含まれているんだな。
そういうのは、免責不許可になる可能性もあると言うことか。

116.

ソーシャルゲーに大金平気でつぎ込むやつは何やらせても破産すると思う
浪費に対する抵抗感ゼロだし

6.

ゲーム本体数万、ソフト一本数千円で払いきりはともかく、
いつサービス終了するかもわからんゲームのサーバ上データに、
一ヶ月で数万数十万使う奴らは頭の病気

13.

>>6金銭感覚狂ってることに気づかないんだよな

63.

遊ぶだけ遊んで自己破産なんぞムシが良すぎ

20.

1枚のカードを「完成」させるのにウン十万円かかるゲームもある。そんなカードを何枚も作ってる
インフレが進み過ぎて無課金すら離れていくという・・・ブラウザ三〇志

34.

>>20ブラウザ大○略もおんなじだわ
士官や兵器ガチャで5~10万
それらを育成するのにさらにウン万円
過疎が進んではい終了

49.

こういうのに手を出す人の気が知れないわー
ゲームやるならPCで洋ゲーやるくらいが丁度いいわ

23.

ソーシャルゲームは一切やった事がないが、支払はカード払いなんでしょ。
だとすると危険だ、せめてプリペイドカードなら支払う痛みを覚えるから抑制もできようが。

そうやって考えるとパチンカスって最強の中毒患者だな。

35.

無料ゲームってだけでやる気がおきない

31.

30過ぎてパチンカスで課金ゲーしてた奴がスマホ親に取り上げられてたわ。ゲームだけで1ヶ月40万だとよ。

21.

マジかよパズドラ最低だな

36.

まだパチンコのほうが払い戻しの可能性がある分良心的w
ソーシャルゲームはサービス終了したら何も残らない

16.

金増えるならともかく、減るだけのゲームに大金は使わない。
ゲームで破産とかマジ意味わかんね

51.

RMT破産は全部免責不許可でいいよ
不必要な浪費した馬鹿が踏み倒し逃げとかなめてるだろ

24.

当たり前田
こういうゲーム作ってるやつらも
課金してるやつらも恥と知れ!!

15.

1万未満でずっと遊べるゲームを考えてみると
今のアプリゲームって1作に5万も10万も使う人がいるんだからおいしいよね
貢がせといていつでも都合によりでサービス終了できるし

98.

パチンコはまあ、賭博だから分かるけど、ソシャゲなんて儲かる可能性もゼロなのに
なんでそんなに金をつぎ込もうと思うのか理解できん。
育てたアカウント売ったりして儲けてるのか?

3.

RMT破産が深刻化するとはなあ

126.

ソシャゲで課金してる層ってのは三十代に集中しているらしい

14.

依頼すれば助かるのは正確だが、今後の事には一切責任持たないからな
安易な自己破産は注意

コメント-5-

1. 名無しの円速

課金してなくても時間と金は使ってるし
人が集まる事でゲームとしての価値を提供してもいる
要するに縛りプレイみたいな物で、やってる事は殆ど一緒
失った物もあまり変わらないように思うね

2. 名無しの円速

以上。課金バカの言い訳でした。

3. 名無しの円速

最近の日本っていかに中毒にさせて金を出させるかって商売ばっかだね。

4. 名無しの円速

ソシャゲごときに課金して破産するやつは元からそういう素質があるんでしょ
ソシャゲじゃなくても夢中になるもの、中毒になれば破産する

5. 管理人は常時サングラスなの?

内容はどーでもいいけど黄色多く目がちかちかしないかココ
読みにくいったらありゃしない

コメントする