株やFXなど投資系2chまとめ

地方小企業社員「ボーナスが80万も振り込まれてたんだが、何かの手違いかな…?」

10

【不動産】老朽団地、建て替えに成功した「奇跡」がこちらです→

9

【朗報】Paypayの転売屋さん達、ポイントが貰えないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

11

【画像】東芝のラジカセ(18,000円)が売れまくり!その背景がこちら→

5

ルノー「ゴーンと同等の権限を持つ後継者を受け入れろ」日産「嫌です」

14

なぜ日本は「人工知能研究」で世界に勝てないか???

9コメント

ディープラー二ング(深層学習)の登場で“第3次人工知能(AI)ブーム”が訪れ、数年が経過しました。今では多くの企業がAIのプロジェクトを進め、自社製品やサービスに取り入れようと動いています。

世界で繰り広げられている人工知能開発競争の中心にいるのが、米国や中国です。米国ではGoogle、Apple、Facebook、Amazon.com(GAFA)や、IBM、MicrosoftなどのIT企業が、し烈なAI人材の獲得競争を繰り広げています。日本は米中に比べると、AIの研究開発において世界で存在感を示せていないのが現状です。

続きはこちら
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/18/news011.html
15.

Googleとか何兆円レベルでAIに金を突っ込んでるもんな
もう絶対に追いつけない

180.

>>15お金がある企業が必ず勝つなら
企業の栄枯盛衰はなかったはずだ

189.

>>180AIの開発で莫大な資金と人材を注ぎ込まないで巨大企業に勝てる方法があったら教えて欲しい

16.

勝てんでいいやん
どうせいつものように何処かから完成品買ってくるのに落ち着くんだし

65.

>>16まああんだけ煽ってもまともなの出てこないってことは不得意なんだから、無理せずキャッチアップを狙うってのも戦略としてはありだわな。まあ、ネットでの先行者利益は莫大だが、大金払って画餅入手するよりはパンくずでも拾った方がマシという気もする

17.

インド見てみりゃわかる

最大都市のムンバイからは、アメリカや中国を倒せるようなAI企業は出てこない

何でもそろってる総合都市としてトップの首都デリーからも、中国やアメリカを倒せるようなAI企業は全く出そうにない

デリーやムンバイは超有名大学や大企業はあれど
AI開発では烏合の衆だ

インドのバンガロール
大企業が何もない都市、ソフト産業が昔から集積しているだけの娯楽もなくら安定大企業もない都市だけど

今ここが暴力的な成長を遂げてる
あっという間に中国やアメリカのAI産業に止めをさすだろう

要は
人口政策
都市構造

AIの差というより、それ以前の国家の足腰の問題

100.

>>17インドひとが余って仕事が無いからAI入れる意味ない社会的に

18.

国民性だろうね。

アメリカ人は挑戦しないことは失敗するより恥だと考えているから、老若男女挑戦する。
日本人は失敗を恐れるし許さないから、ある程度の歳になると守りに入る。

これはとても根深い問題。政治でも変えられないよ。性質だもの。

21.

>>18んなことない、高度経済成長期の日本は

バイク関連だけでベンチャーが200社以上発生して
その中からでてきた、ヤマハ、ホンダ、スズキなど巨大ベンチャーが
世界中のバイク産業をジェノサイドした

日本だって、世界一のベンチャーだらけの時期はあるんだよ

27.

>>21あの頃は銀行がそういったところに金貸してくれたから
今はベンチャーには貸さずスルガみたいな詐欺商売やカードローンなる高利貸しに邁進している
銀行がカス過ぎるんだよ日本は

32.

>>27そこはベンチャー投資でええでしょ

でも日本全体でベンチャー投資は1800 億
インドネシアのベンチャー一社で1800 億以上だから、今の日本の新産業への投資は、全体でもインドネシアのベンチャー、一社以下という現状

中国やアメリカは遠く離れた位置にいる

もう東京の都市構造がちょっと不味すぎる
一旦仕切り直さないと

22.

日本の伝統文化とかで外国人に「日本はすごいすごい」とか
言わせてる場合じゃないな。
日本はすでに世界から取り残されている、という現実を直視する番組でもつくらないと。

24.

ここは一発逆転で汎用量子コンピュータ開発に全ツッパすべき
これ実用化出来たら今あるAIなんぞゴミクズになる

144.

>>24量子コンピュータとAIの合わせ技が最強じゃないのか?

25.

技術が不遇だから
口先だけのイエスマンが優遇される

72.

>>25不遇というか、チグハグというか、何のための技術なのかというビジョンとか目的意識が無いまま、目先の成果に走らざるを得ない状況があるんだよな。
これが未来のあるべき姿という議論がないからすごそうに見えても、何の役にも立たないという例が多すぎる。

28.

とりあえず日本がすべきは、まず足腰を鍛えること

◯人口政策
◯都市政策

ここからだよ
ここを必死にやらないと、AI向けの予算すら作れない

77.

>>28そんなことじゃないよ。若者を中心にして日本の未来のあるべき姿をしっかりと議論して、若者が権限を確保すること。民主主義の枠組みでは難しそうだが、追い込まれればやると思う。

29.

AIは労働生産性を飛躍的に向上させる可能性を秘めているからな
これに力を入れなかった国が落ちぶれる未来は見えてる

54.

宇宙人みたいな頭のいい連中がみんな医者になりたがるから

60.

>>54全国に50以上ある国立医学部にエンジニア医療関連の学部を国策で全て作って、若手エンジニア教授の枠つくって

一気に勝負かけるべきだわね

今世界一の数学の力を持つ連中が、全国の国立医学部で
【暗記!暗記!暗記の暗記!暗記!暗記!暗記の暗記!】

数学?何それうまいの?
てことをやらされてる

もったいないにもほどがある

医学部の連中なら、そこらの田舎の国立の連中でも
いきなり英語で海外投資家とも話もできそうだし
普通にGoogle社員より頭もいいだろ

数学も世界一だよ
もったいないにもほどがある

56.

日本人の7割はボンクラ

58.

世界じゃなくて米国だろ
米国がソフトウェア独占してんだよ

66.

諦めろよ
何事も諦めが肝心だ

68.

日本の力は改良力だから他国に先行してもらってもOKやな

71.

>>68乞食みたいに先端技術の登場を虎視眈々と待つというのも一手だな
貧者には貧者の戦略がある

235.

>>68それもAIがやるよ

73.

テレビ

パソコン

スマホ

【スマートスピーカーAIがらみの新端末】

ここも、もう市場は半分ぐらい見えてるじゃん
あとはベンチャーが大量にそれぞれのビジネスモデルくんで突っ込むだけよ

どこかが当てる

スマホの次の新端末ではGoogle検索やアマゾン通販は、皆が想定してるのりかなり苦戦することは、もう誰の目からみても明らかなわけで

新端末では、完全にベンチャーの時代なんだよ

86.

日本の大企業は、三井、三菱は、明治維新後、
本田やソニーは戦後勃興した。
既存の秩序がぶっ壊れる時しか、出てこないぞ!

102.

ハッキリ断定するけどAIで中国が覇権を取ったとしても人口が多すぎて
国が破滅する事になるだろう

AIやロボット化社会ではその社会的人口規模の経済的ゴルディロックスゾーン(ハビタブルゾーン)が恐らくあるだろう
人口が多すぎると恐らく破綻する

127.

>>102それがAI駆使したデジタル独裁で国を統合しよ
うとしてんだわ。
しかも成功しつつある。

107.

斜陽国家な上に国自体がブラックだから勝ち目は無い。

コメント-9-

1. 名無しの円速

詐欺が苦手だからだろう

2. 名無しの円速

今の方法はただの物量作戦だから多く早く学習させて精度は二の次という詐欺みたいな自称AIしかないけど
それを馬鹿みたいに後追いしてるんだから追いつけるわけがない
独自の学習方法をあみだす方に力を注ぐべき

3. 名無しの円速

今までは機械と人間で差ができた。
でもAIが本格的に登場すると差が無くなる。

人間の気合でなんとかしようとする日本の気質に短期的な利益しか求めない体質が蔓延る日本にAI研究なんて出来んのよ

4. 名無しの円速

なぜ人工知能にもっと投資をしないの?

5. 名無しの円速

受験の最高峰が起業でもAIでもなく離散を始めとする医学部だから

灘や東大寺では、東大京大は何一つすごくない
名大医学部阪大医学部位からお前頭いいんだなと言われる
受験競争してる高校生が見栄を優先して医学部にいくのはしゃーない
そのお陰で医療の基礎研究は日本凄いしえーやん

6. 名無しの円速

下らん記事だな。
◯ョンモメン・テスラはレベル3どまりだが、
トヨタやパナはすでに、レベル5まで研鑽してるのだが。
以上

7. 名無しの円速

投資金額だけで比較してたら新幹線は完全に論理矛盾現象やな。
草不可避

8. 名無しの円速

平等が行き過ぎて底辺が力を持ちすぎてる
先端技術なんて大衆には基本理解されないもんだから
反対押し切って投資するしかない。

9. 名無しの円速

優れた技術者になれるレベルの頭の良い奴がこの国で育ったなら
技術者なんかよりも、偉い人のイエスマンに徹して適当にやり過ごすのが
一番賢い方法だってことに気付くだろw
そんな状況でAI? 立国?
これから下り坂まっしぐらの後進国が何寝言言ってるんだwww

コメントする